Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

学部カリキュラム

 

学部教育では、日本画の基本的な技法を通して材料の理解と造型感覚とを体得させ、作家として創造活動ができるような能力を養うこと、及び美術にかかわる諸分野での指導的人材の育成を目標としています。なお、学部では、原則として複数の教員による学年担当制により指導が行われますが、学生が自由に才能を伸ばせるよう全教員が指導にあたる教育研究体制をとっています。

学部1~2年では主に基本的な造形力を養うための授業科目として、人物、風景、静物、動物、植物、自由課題の各制作実習に加え、古典模写、人物素描、技法・材料研究、写生旅行の実習があります。学部3~4年では、制作実習の自由課題を増やし、各学生が自主的に創作テーマを設定することにより、作家活動に不可欠な企画力・発想力を養成するカリキュラムとなっています。なお、3年次には幅広く日本画をとらえる機会として版画/壁画実習、奈良・京都への古美術研究旅行も行います。さらに、制作実習と並行して日本画技法材料の習熟度に沿ったより高度な、古典模写、技法・材料研究が効果的に配置されており、4年間で日本画制作のみでなく伝統技法、材料等も含めて幅広く日本画について学ぶことのできる教育プログラムとなっています。

学部活動記録